天宮さくらの趣味棚日常

天宮さくらの好きなもの、知ったことを紹介中

『いちばんカンタン! 株の超入門書』安垣理

 本格的に株を買おうと画策中の私。ここはひとつ初心に帰って入門書を読み直そう、ということで読み直したのが『いちばんカンタン! 株の超入門書』だ。

 株の入門書ということで、ここに書かれているのは、トレードの必勝方法とかお宝株発見方法とか、そういう類の本ではない。株取引を行う上で、最低限知っておかなくてはならない用語や仕組みが書かれている。

 なので、「株って気になるけど、よくわかんなーい」という人は一読してほしい。本書を一読してから、マニュアル本を読んでもいいし、実際に少し買ってみてもいいと思う。何もわからない状態での株取引は、ギャンブルそのもの。そんなことをするくらいなら、おとなしく宝くじを買うほうがいい。

 

 この「いちばんカンタン!」シリーズはいろいろあって、FXや投資信託、資産運用もある。本書を読んでわかりやすいな、と思ったら他の本を手にとって、投資の知識を深めるのもいいかもしれない。

 

いちばんカンタン! 株の超入門書 改訂2版

いちばんカンタン! 株の超入門書 改訂2版

 

 

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』伊藤邦生

『年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち』というタイトルをみて、「これを読んだら年収低い私でもお金持ちになるコツがわかるのか?」という淡い期待を抱いて手に取ったが、残念。そういう本ではなかった。

 本書は、不動産投資が確実な投資である、というスタンスの本。なので株取引やFXをやってお金持ちになりたい私にとっては、なかなか耳痛い話も書かれていた。

 著者の伊藤邦生さんは長年大手金融機関に勤めた経歴がある人だ。だから、株取引やFXでお金を儲けることがいかに難しいのかを知っている。様々な投資を知っている著者が選んだのが、不動産投資。不動産サービスの会社を経営している著者だからこその、説得力のある本だった。

 

 本書を読んでわかりやすいなと感じたのは、お金の流れを表現した給料の川とゴールドリバーの話。収入が多くても支出が多ければお金は貯まらないし、逆に収入が少なくても支出が少なければお金持ちになれる。そのことを給料の川とゴールドリバーでの表現は、確かにその通りだとしっくりきた。

 それとお金持ちへの6つのステージの話。働きアリからはじまり、カモ、カメ、ヒヨコ、スワン、そしてゴールドスワンへと進化していく過程は、お金持ちの区分がわかりやすくてよかった。ただ、どうしたらお金持ちであるゴールドスワンになれるのか、という点は不動産投資ありきなので、私にはちょっと合わないと思った。

 でも、不動産投資をしてみようと考えている人は、一度軽く読んでみたらいいと思う。

 

 親切なところは、不動産投資をしても下手な人はいつまでたっても貧乏人だ、ということをきちんと書いているところ。とりあえずやってみた、が一番いけないのだと改めて肝に銘じようと思う。

 

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち (中経の文庫)

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち (中経の文庫)

 

 

『三毒史』椎名林檎

 椎名林檎さんの楽曲との出会いは、中学生だった。ちょっと世間に反抗的な気分のとき、椎名林檎さんの声のかっこよさ、楽曲の強さと影が好き。

 今回5年ぶりのオリジナル・アルバムということで、購入。ええ、表紙の写真はびっくりでした。何が起きたんだ。でも、それがいい。

 

 今回アルバムを購入する決め手だったのは、やっぱり「獣ゆく細道」。紅白歌合戦で見たときから、この曲が収録されているアルバムが発売になったら絶対に買おう、と決めていた。今回家のコンポで聞くことができて、大変満足です。

 それと「目抜き通り」。紅白歌合戦のときは「だ、大丈夫かこれ、マイク音量無茶苦茶に感じるのは私だけだろうか?」とそわそわした。CD音源だと全体が綺麗にまとまって、楽しく聞けました。CDっていいよね!

 今回は全体的に欲まみれなCDだと思った。『三毒史』というタイトルに相応しい収録曲。椎名林檎さんは英語で歌われることが多いけれど、歌詞カードには翻訳が載っていて、それを読めばタイトルに納得。一見可愛らしい曲もドロドロな欲があって、やっぱり椎名林檎さんはすごいなぁとしみじみ。

 

「鶏と蛇と豚」の曲のイメージがガツンとくるからだろうか、仏教色が強い一枚になっていると思う。禁欲と相反する現代的な欲。この欲をびちっと楽曲に反映させているって、すごいよなぁ。

 

三毒史(初回限定生産盤)

三毒史(初回限定生産盤)

 

 

『見習いカメラマンのけいくんが年収1億円を稼ぐ月3分投資』山下勁

 今年は投資を真面目にやるという目標を立てたにもかかわらず、ついつい怠けてしまう日々。だからいつまでもお金持ちになれないのだと反省する毎日。

 どうしたらもっと投資に本気になれるのだろう、お金持ちになれるのだろう、と悩んでいた。何か手がかりはないだろうかと探していたとき見つけたのが『見習いカメラマンのけいくんが年収1億円を稼ぐ月3分投資』だ。

 

 正直に言おう。年週1億円というタイトルに惹かれた。ついでに月3分、という短期集中で良さそうなのも素敵。

 本書はけいくんこと山下勁さんが獲得した、年収1億円も夢じゃない投資のポイントを解説している本だ。ポイントなので、結構具体的。わかりやすく読みやすく書かれているので、私はさらりと読むことができた。

 ただ、さらりと読めたのは、私が好きで投資関係の本を何冊か読んだことがあるからで、基礎知識がない人は手に取ってもクエスチョンマークばかりになるかもしれない。なので、本書を読む前に、基礎知識が書かれた簡単な株式投資の本か雑誌を読んでみるのがいいかもしれない。

 

 月3分、とタイトルは銘打っているが、実際は毎日コツコツ勉強することが大切だ、というのが本書で獲得した知識。やっぱり怠け心を改心しなければならない。これから夏が来るから、もっと集中力が落ちてしまうけれど、お金持ちになりたい! ので、頑張ろうと改めて思う。

 

見習いカメラマンのけいくんが年収1億円を稼ぐ 月3分投資

見習いカメラマンのけいくんが年収1億円を稼ぐ 月3分投資

 

 

『小さなカフェのはじめ方 必ず成功する!お店開業実用BOOK』Business Train

 そろそろ本格的に、独立起業する準備を始めたいなと思って今回読んだのが『小さなカフェのはじめ方 必ず成功する!お店開業実用BOOK』だ。

 自分のお店を持ちたい、と常々考えている私が作りたいお店は、カフェだ。雑貨屋さんや洋服屋さんよりも、カフェを始めたい。コーヒーを飲むのは好きだし、コーヒー入れるのも好き。ちょっとした息抜きの空間を仕事として提供できるカフェって、素敵だなぁと思う。でもいきなり土地見つけてお店作ってやろう! と破天荒にはなれないし、せっかくカフェを始めるのなら、お店は長く長〜く続けていきたい。

 本書は、こんな私の妄想を、実現に向けて後押ししてくれる実用書だ。

 

 本書の構成は前半に、個人でカフェを経営しているお店を10店紹介している。開業までの流れやお店の雰囲気、何を売りとしているのか、お店の全体像など、そのお店の開業までの道のりと開業してからの運営をイメージしやすいようにまとめている。カラー写真を使っての説明なので、それぞれのお店の個性がつかみやすい。

 そして後半では、資金計画や物件選び、店舗の改装や集客プランなど、実際にお店をオープンさせるための準備と経営のことを説明している。具体的に説明しているが、わかりやすい言葉で説明しているし、開業するにあたっての注意点などもきちんと書かれている。本の表紙に「本気でカフェをはじめるための情報を1冊に凝縮!」と書かれているけれど、ウソじゃないと思う。

 

 本書を読んで、少しずつではあるけれど、カフェ開業に向けていろいろとシミュレーションしている。問題は、タイミングなんだと思う。私と同じような気持ちを抱いている人は、一読してみたらいいと思う。

 

小さなカフェのはじめ方: 必ず成功する!お店開業実用BOOK

小さなカフェのはじめ方: 必ず成功する!お店開業実用BOOK

 

 

『初恋』宇多田ヒカル

 最近日々の仕事に対するストレスがMAX状態で、疲労が凄かった。そういうときは何をするにしても億劫になって、何かに癒されたくって仕方なくなる。特に、朝の出勤前の数十分。数十分なので出来ることは限られるけれど、私は音楽を聴くことにしている。

 今回は宇多田ヒカルさんのアルバム『初恋』を聴いて、癒されて出勤した。

 

 アルバム発売のタイミングで、NHKの音楽番組で宇多田ヒカルさんが出演していたのを偶然見た。そのとき「初恋」を歌っていて、「ああ、今回のアルバムも楽しみだなぁ」と思ったのを覚えている。

 このアルバムに収録されている曲は結構タイアップが多い。サントリーのCMで使われていた「Play A Love Song」「大空で抱きしめて」、映画の主題歌「あなた」「Good Night」、ドラマやゲームとのタイアップ「初恋」「誓い」「Forevermore」。全12曲中7曲がタイアップとは、なんという贅沢。タイアップ曲が多いアルバムは、振り返ったときにそのときの時代を思い出せるから、好き。

 このアルバムに収録されている「あなた」や「Forevermore」が好きなのだけれども、なによりも癒されるのが「パクチーの唄」。何度この曲で癒されたことか。パクチーをそんなにばかすか食べたことはないけれど、この曲は何度も口ずさんでしまう。

 

 まだ若かりし頃の宇多田ヒカルさんのアルバムも、もちろん好きだけれども、この『初恋』もまた好き。若さとは違う魅力であふれてて、繰り返し聴いて疲れない。オススメです。

 

初恋

初恋

 

 

『物語 北欧神話』上下巻 ニール・ゲイマン

 世界中の神話を読んでみたい、というのが昔からの夢だ。でも神話といっても、小説のような物語ではなく、詩だったり歌だったりして、正直とっつきにくい。なにかいい本はないだろうかと探していたら、見つけた。

 今回見つけたのは北欧神話。私にとっての北欧神話の知識といえば、プレイステーションゲームの『ヴァルキリープロファイル』。北欧神話に登場する戦乙女・ヴァルキリーを主役にしたゲームで、どハマりしたのは懐かしい思い出。このゲームにはヴァルキリーの他に、オーディンやフレイ、そしてロキが登場し、北欧神話のイメージはこのゲームに登場しているキャラクターそのものだ。

 なので、本書を読んでびっくりした。

 

 本書は小説やドラマ、映画の脚本など幅広く執筆しているニール・ゲイマン氏による、物語調の北欧神話だ。全部で16話あり、巻末には用語集が載っている。装丁の幻想的な絵と、読みやすくわかりやすい語り口で書かれた文章で、あっという間に上下巻を読み終えてしまった。書店によっては児童書の区分になるかもしれない。

 読んでびっくりだったのが、ゲームと違ってフレイは女じゃなくて男だった! という点。その他にも、ロキの立ち位置やオーディンの知恵を得るための行動などなど。そして神様なのに、けっこう性格悪いなぁと度々思った。そして巨人がたくさん出てくるし、ラグナロクの壮大さは、北欧神話の世界観の凄さをしみじみ思った。

 

 神話の面白い点のひとつは、どうしてそのような物語が語られたのかという裏側を知ることがある。そういう謎を知るのも好きだけれども、この本のように、ただ単に物語にどっぷり浸かるのも楽しい。気になった人は軽い気持ちで一読してみては?

 

物語北欧神話 上

物語北欧神話 上

 

 

 

物語北欧神話 下

物語北欧神話 下