天宮さくらの趣味棚日常

ビジネス系本中心の紹介サイト

『やめられない!ぐらいスゴイ 続ける技術』作業療法士菅原洋平

継続は力なり。けれど、ただ闇雲に挑戦するだけじゃ続かない。どうしてか、というところから説明しているのが今回紹介する『焼けられない!ぐらいスゴイ続ける技術』だ。 本書では、なぜ継続することができないのか、続けるためにはどのような点に注意すれば…

『世界は沈没し日本が躍動する 最強の日本繁栄論』日下公人・渡邉哲也

日下公人さんの本は、父が好んで読んでいた。なのでちらりちらりと読んだことがある。もう七十過ぎではないかと思うが、お元気そうで何より。 本書は日下公人さんと渡邉哲也さんの対談だ。内容は、日本はマスコミで言われているほど酷い国ではない、とのこと…

『フルキャリマネジメント 子育てしながら働く部下を持つマネジャーの心得』武田佳奈

女性が仕事をし続けるのは大変だ──そんなことを子供の頃から聞かされている。子供の時はわからなかったけれど、三十代の今は、その言葉の意味がよくわかる。 結婚して出産して子育てして、時間をやりくりしながら仕事もしたい、そして家庭を支えていきたい。…

『ハック思考 最短最速で世界が変わる方法論』須藤憲司

まず表紙からして「なんだろこれ? 印刷ミス?」とびっくりする。内容は、世界をハックしようぜ! なのだけれども、ハックってなんだか悪いイメージ………。けれど、そんな印象を飛ばしてしまうくらい、読みやすく面白い本だ。 本書ではハックとは何かを説明し…

『成功者を奮い立たせた本気の言葉』千田琢哉

とにかく仕事のモチベーションを上げたいのなら、千田琢哉さんの本がいい。 本書『成功者を奮い立たせた本気の言葉』では、経営者の心に響いた言葉たちをピックアップして、その言葉の背景を簡潔に紹介してくれる。 経営コンサルタントとして、会社の経営の…

『働き方改革で伸びる女性つぶれる女性』東谷由香

女性にこそ一度は読んで欲しい一冊『働き方改革で伸びる女性つぶれる女性』。 本書はタイトルからは「働き方改革によって仕事でバリバリ活躍できる人とそうでない人の特徴をあげつらった、ちょっとした診断本なのかな?」と勘違いを起こしてしまうと思う。実…

『効率・時間・スピード すごい習慣力』冨山真由

何事もやり遂げるには習慣化してしまうのがいい! といろいろなビジネス書に書いてあるけれど、じゃあ習慣化するってどうやって? と思ったら読んでみて欲しいのが今回紹介する本『効率・時間・スピード すごい習慣力 行動科学のメソッドで、すべて手に入る…

『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』田中道昭

今回紹介する本は、アメリカのグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの四社、中国のバイドゥ、アリババ、テンセント、ファーウェイの四社、を比較検討した本だ。 この本の面白いところは、アメリカの四社と中国の四社で事業が似通っている同士を比較…

『「パッション」の見つけ方「人生100年ずっと幸せ」の最強ルール』ボーク重子

今回紹介する本は、「自分は何をしたいのか、よくわからない」と悩んでしまっている人に読んでもらいたい本『「パッション」の見つけ方「人生100年ずっと幸せ」の最強ルール』だ。 本書は、自分のパッションが何なのかわからないところからパッションを見つ…

『「自分の名前」で勝負する方法を教えよう。効率的に成功をつかむための40のヒント』千田琢哉

三十歳を過ぎてから私が思うのは「このまま転職をし続けていくキャリア形成は、私の理想ではないなぁ」ということ。どこそこの会社に所属している○○です、ではなく、私、で稼ぎたいのだ。 でもだからと言っていきなり独立といっても、ピンとこない。今回紹介…

『電通さん、タイヤ売りたいので雪降らせてよ。』本間立平

今回紹介する本書『電通さん、タイヤ売りたいので雪降らせてよ。』はどうしたらみんなが物を買ってくれるのか、その買わせるメソッドを、様々な事例を交えながら紹介してくれる本だ。 正直、私は本書のタイトルが面白かったから読んでみようと思った。で、電…

『新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方』清水宏

今回紹介する本は、来年就職する予定の高校生や大学生に、こういった考えもあるんだよ、ということで一読して欲しい『新卒はベンチャー企業へ行きなさい AI共存時代の「稼ぐ力」の磨き方』だ。 本書は副題につられて読むと「あれ私向きの本じゃなかったな」…

『パート・アルバイトの応募が殺到! 神採用メソッド』平賀充紀

経営者の人なら誰しも悩むであろう採用。今回紹介する『パート・アルバイトの応募が殺到! 神採用メソッド』は、どんな人を採用したらいいか、ではなくて、どういったアプローチをしたらいい人材・希望する人材が応募してくれるか、採用した後長期間働いてく…

『死ぬまでお金に困らない力が身につく25の稼ぐ本』千田琢哉

お金の心配って、幾つになってもなくならない。老後資金が2000万いるといっときテレビで騒がれていたけれど、現在のお給料だったらとてもじゃないけど貯まらない。 困ったなぁと思っている時発見したのが今回紹介する『死ぬまでお金に困らない力が身につく25…

『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』トマス・J・スタンリー【著】橘玲【序文寄稿】

お金持ちってどんな生活をしているんだろう、どういった方法で1億円貯めたんだろう、お金持ちの人たちの特徴ってなんだろう、などなどのお金持ちクエスチョンの答えを教えてくれるのが今回紹介する『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』だ。 本書…

『なぜ支店長は飛ばされたのか 「半沢直樹のモデル」と噂の元銀行マンの告白』加藤直樹

半沢直樹のドラマ、面白い! 前作に引き続き毎週ワクワクしながら観ている。このドラマの面白いところは、銀行組織の在り方が一般企業とかけ離れたパワハラが横行している部分で、悪い奴を懲らしめる主人公、な構図がスカッとする。観世懲悪のような作品だか…

『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』ゆうこす

ようやく一年くらいこのブログを始めて経つ。私のブログまでたどり着く人は、本当にありがとうございます! 自分自身でも探し当てるのに大変なのに、ありがたい。 そんな私なのだが、この度誕生日を迎える。それにあたって、もっともっとSNSを活用したい、仕…

『ビブリア古書堂の事件手帖II 扉子と空白の時』三上延

私の好きなビブリアシリーズが再始動です! このビブリアシリーズは、古書を巡る事件を古書堂の女店主が解決するというミステリー小説。映画化したのでご存知の人は多いかと。 この小説シリーズの何が好きかというと、内容が同じでも本の形態が違うだけで値…

『大きな嘘の木の下で 僕がOWNDAYSを経営しながら考えていた10のウソ。』田中修治

本書は童謡ではありません。ご注意を。 本書はOWNDAYS株式会社の社長である田中修治さんが感じた、世の中の常識だったり当たり前について「それって本当にそうなの?」ということをまとめている本だ。それぞれ「幸福論、お金論、仕事論、成功論、人生論、経…

『交渉力 結果が変わる伝え方・考え方』橋下徹

橋下徹さんがどのようにして交渉をまとめているのか、を教えてくれる一冊。 弁護士として、政治家として、それぞれキャリアを積んできた橋下徹さんが、どのような点に注意しながら交渉をまとめているのかを6章に渡って説明してくれる。交渉には事前準備が重…

『PICK THREE 完璧なアンバランスのすすめ』ランディ・ザッカーバーグ【著】三輪美矢子【訳】

毎日忙し過ぎて何にも達成できない! と嘆いている人必見! なのが今回紹介する『PICK THREE 完璧なアンバランスのすすめ』だ。 本書は、あのFacebookの創業者を弟に持つ女性が執筆者である。もちろんFacebook創業に立ち会ってがむしゃらに仕事をした人物だ…

『「ついやってしまう」体験のつくりかた 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ』玉樹真一郎

任天堂には大変お世話になった。今はゲームをすることがないので縁がないが、幼稚園児にはスーパーマリオ、小学生ではポケモンに大変お世話になった。 その任天堂ではどんなことに注意しながらゲームを開発していたのかを、「直感・驚き・物語」の三つのテー…

『炎上商法で1億円稼いだ男の成功法則』シバター

炎上して有名になろうという人が増えた印象がある。他人に嫌われるようなことをして有名になって、それでお金を稼ぐ、というスタンスなのか? 私は他人に嫌われるのはごめんなので、そういう稼ぎ方をする根性はない。 では実際に炎上して有名になって稼いで…

『職場の人間関係に悩む、すべての人へ 天才を殺す凡人』北野唯我

天才を殺す、というタイトルを見て思わず手に取ってしまった『職場の人間関係に悩む、すべての人へ 天才を殺す凡人』。正直、副題には興味がなかった。天才を殺すのが凡人である、ということに驚いたのだ。天才を殺すのは、天才だと思っていたから。 本書に…

『職場の人間関係に悩む、すべての人へ 天才を殺す凡人』北野唯我

天才を殺す、というタイトルを見て思わず手に取ってしまった『職場の人間関係に悩む、すべての人へ 天才を殺す凡人』。正直、副題には興味がなかった。天才を殺すのが凡人である、ということに驚いたのだ。天才を殺すのは、天才だと思っていたから。 本書に…

『ちょっとしたことで差がつくメールの書き方』亀山敏朗

ビジネスメールは、些細なことでつまづいてしまう。友達同士のメールなら気楽に返信できることでも、ビジネスメールとなると、どの程度砕けていいのかとか、どう表現したら支障がないのか、そのバランスを見極めるのが難しい。 そんなお悩みに「ここに気をつ…

『いちばんやさしいキャッシュレス決済の教本』川野祐司

つい最近までキャッシュレス決済をしたら還元していて、いろいろなPayが出てきたが、そもそもキャッシュレス決済とはなんぞや? ということをしっかりとことん教えてくれるのが、今回紹介する『いちばんやさしいキャッシュレス決済の教本 人気講師が教える新…

『異文化理解の問題地図』千葉祐大

今回紹介する本は『異文化理解の問題地図「で、どこから変える?」グローバル化できない職場のマネジメント』だ。 本書は、グローバル化が進み日本で働く外国人が増えてきたが、うまくコミュニケーションが取れなくて困っている人たちに、どういったことに気…

『最新版 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法』東川仁

商工会議所のチラシを見ると、いろいろな人が多彩なセミナーを開催している。いったいどうやって商工会議所でセミナーを開くに至ったのだろう? という問いの解を教えてくれるのが本書『最新盤 90日で商工会議所からよばれる講師になる方法』だ。 本書では商…

『「畳み人」という選択 「本当にやりたいこと」ができるようになる働き方の教科書』設楽悠介

「畳み人」とはなんぞや? 今回紹介する本を見つけた時の私の頭には???がたくさん浮かんだ。文字の感じからすると、畳関係の人なのかと思いきや、そういう話ではありませんでした。 今回紹介する『「畳み人」という選択』は、様々なビジネスアイデアをア…