天宮さくらの趣味棚日常

ビジネス系本中心の紹介サイト

読んだ本・仕事

『できる人はなぜ、「A3」で考えるのか?』石井佳枝

今回紹介する『できる人はなぜ、「A3」で考えるのか?』の執筆者である石井佳枝さんは、トヨタ自動車で長年役員秘書として働いてきた人物だ。本書では、トヨタ自動車で実践されていた物事の考え方のフォーマットを紹介している。 頭の整理がついている人とつ…

『仕事論』藤村忠寿 嬉野雅道

「水曜どうでしょう」を面白そうに弟が見ていたのを覚えている。私は当時、あまりバラエティ番組に興味がなかったので、どういった番組なのかはよく知らずに現在まで至る。けれど、知識として「水曜どうでしょう」は北海道のローカル番組でありながら、全国…

『気くばりの極意 気がきく人のたった5つのビジネス習慣』小宮一慶

私は気が利かない人だと思う。相手の気持ちより先に、自分の気持ちを優先させてしまう。反省はするのだが、カーッと頭に血が上ってしまうのだ。 どうしたらもう少し相手の気持ちを汲んでやれるのだろうか。そんな悩みの中で読んだのが本書『気くばりの極意 …

『林修の仕事原論 壁を破る37の方法』林修

林修先生ってすごいなぁと、テレビで見るたびに思う。「いつやるの? 今でしょ!」のフレーズとともに様々なバラエティ番組に出演されて、それは一時のことなのかと思いきや、もう何年も渡ってテレビで活躍している。だからといってテレビ慣れして、嫌な人間…

『図解すごい!「仕事の時間」術』一川誠

いろいろとやりたいことが多すぎて、時間配分に困る毎日。時間をうまくやりくりできるようになりたいと思い読んだのが今回紹介する『図解すごい!「仕事の時間」術』だ。 本書は時間というものがどういったものなのかを紹介している本だ。もちろん、仕事とタ…

『稼げる文章 すぐ書けるコツ』竹内謙礼

文章でお金を稼いで生活するのが目標なので、今回紹介する本『稼げる文章 すぐ書けるコツ』を見て速攻読んでみることにした。 稼げる文章、と聞くとつい思い浮かべてしまうのは、エッセイだったり小説だったり。それとか雑誌に書かれている商品紹介や、ホー…

『世界の一流36人「仕事の基本」』戸塚隆将

今回紹介する『世界の一流36人「仕事の基本」』は、ウサイン・ボルト、ビル・ゲイツ、マーガレット・サッチャー、ウォーレン・バフェット、スティーブ・ジョブズ、マーク・ザッカーバーグ、ココ・シャネルなどなど、一流と呼ばれる人々は、仕事を成し遂げる…

『図解スティーブ・ジョブズ 神の仕事術』桑原晃弥

「ジョブズはすごいんだ」というのがAppleファンの口癖だと思っている。 確かに、iPhoneやiTunesのアイデアが出てくるのはすごいと思う。けれど、どんな人だったのかとか、どんな風に仕事をしてきたのかは知らなかった。 なので、簡単に知る方法はないだろう…

『自分の時間を取り戻そう ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』ちきりん

ブログ執筆をちゃんとしたい、そのためにはたくさんの本を読みたい、でも旦那さんと過ごす時間も大切にしたい───。豊富にあるはずの時間が、最近少ないと感じるようになった。理由はわかっている。ゲームをする時間を減らせばいいのだ。けれど、ゲームをする…

『バカは最強の法則〜まんがでわかる「ウシジマくん✖️ホリエモン」負けない働き方』堀江貴文

ホリエモンこと堀江貴文さんの行動力はすごいなぁ、とテレビで拝見するたび思う。一度刑務所に入れられても諦めずに、ロケットを飛ばすことに成功した。私だったらきっといじけて人生諦めてしまう。どうしてそんなに心が強いのだろう、と不思議だった。 ふと…

『電子書籍を無名でも100万部売る方法』ジョン・ロック

一昔前よりも、自分の本を出すことが簡単になっている。自費出版を支援する会社は多いし、電子書籍というコストを低〜く抑えられる出版方法ができた。電子書籍の存在は「いつか自分の書いた本を出したい!」と強く願っている私には朗報で、挑戦してみようと…

『お金を稼ぐ読書術』午堂登紀雄

読書が好き。けれど、その読書によってお金を稼ぐ原動力になっているのかと問われると、それには? となる。読書は大切だ、たくさんしろ、と教育を受けてきたけれど、読書をしたから仕事で大成功しています! という人と会ったことはない。 読書は好きだけど…

『YouTubeで食べていく「動画投稿」という生き方』愛場大介(ジェット⭐︎ダイスケ)

「ユーチューバーになりたい」という子供が多い、という統計を何かのテレビで見た。昭和生まれの私としては「動画サイトで人気者になるとお金が稼げるのか?」と、お金の流れが気になった。ちまちまと調べてみると、YouTubeでは閲覧回数の多い動画を作った人…

『AI時代の人生戦略「STEAM」が最強の武器である』成毛眞

前に書店で見かけて「うわ、読んでみたいなぁ」と思った『AI時代の人生戦略「STEAM」が最強の武器である』。今回縁あってようやく読むことができた。 AIと聞くと思い浮かべるのが、将棋。AIと棋士の試合をニュースで見て、ロボットの進化に驚いた。それと同…

『資格は力 情報処理技術者試験・IT資格試験 連勝の勉強法』左門至峰

「これからはパソコンが使えないと仕事ができないぞ」と言われたのが、私が中学生の頃。当時父親はパソコン関係の仕事に携わっていた。だからこそ、パソコンの重要性がとてもよくわかっていたのだろう。 現在、パソコンを利用しない仕事をしている人は、どの…

『ラクして速いが一番すごい』人事・戦略コンサルタント 松本利明

長時間仕事をするのが嫌いだ。だから残業を山ほどしている人を見ると、よく頑張れるなぁと感心してしまう。いかにして速く仕事を終わらせるか、というのは、情報社会の現代で必須能力だと思う。 そんな私にとって本書のタイトルは、とても素敵だ。『ラクして…

『困ったら、「分け方」を変えてみる。』コクヨ株式会社 下地寛也

自分は頭の固い人間だ。発想の転換、というのが上手にできない。決められた枠の中で思い込みをベースに物事を考えてしまう癖がある。この癖をどうにかしたいなと常日頃思っているのだけれども、思うだけでは癖は治らない。 今回手に取った本は、そういう自分…

石原明『すべてが見えてくる飛躍の法則 ビジネスは〈三人称〉で考える。』

ビジネス書を読むのが好きだったりする。何が好きかっていうと、「なるほど仕事ができる人ってこんなことを考えているんだ」「こういう方法で仕事をしたらいいんだ」と、なにかしら発見があるのが好きなのだ。その発見を参考に自分の仕事の仕方を模索したり…