『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』池上彰 竹内政明

 文章を上手に書くにはどうしたらいいか、ということを必死に考えていた時期がある。いま思えば「そんなこと考える前に、とりあえず書けよ」となるのだが、当時は上手に書けなくては立ち止まり、少しも文章力が向上していないことに固執していた。

 そういうスランプのときに『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』を書店で見つけ、購入した。購入する決定打は、対談だった点だ。なぜなら、対談なら読むのに苦はなく、文章力を磨くにはどうしたらいいのかがわかりやすいだろうと判断したからだ。予想通り、本書は対談で読みやすかったし、具体例も豊富で、どこがポイントなのかがとてもわかりやすかった。

 

 本書はジャーナリストの池上彰さんと読売新聞「編集手帳」を担当している竹内政明さんの、上手に文章を書くというポイントに焦点を絞って対談したものをまとめている。「編集手帳」は、朝日新聞でいえば天声人語、新聞の一面の隅に書かれたコラムだ。短い文章ながら、言いたいことや主張したいことなどが綺麗にまとまっている。その文章を長年担当している竹内政明さんの文章力はどのようにして鍛えてられたのかを、池上彰さんが聞き出している。

 本書を購入した当時の私は、上手に文章を書くポイントをしっかりと学び、文章力を上昇させることを目標として本書を読み始めたのだが、結論は違うものとなった。私が学んだことは、ただひとつ。とにかく書け、だ。まずは書かなければはじまらない。そんな当たり前のことを、本書を読んでようやく気付いた。

 

 本書を読んでからずいぶんと日が経つ。拙いながらも文章を書く量を少しずつ増やしている日々だ。だからこそ、本書をそろそろ読み直そうかなと思い始めている。きっと、文章を書くということに抵抗が減ったいまなら、本書の「書く力」をいくらか分けてもらえると思うから。

 

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書)