天宮さくらの趣味棚日常

天宮さくらの好きなもの、知ったことを紹介中

『ヒトラーとナチ・ドイツ』石田勇治

 ヒトラーという人物に興味がある。どうして興味を抱くようになったのか、そのキッカケは覚えていないのだけれど、興味があるのだ。

 ヒトラーといえば、ドイツの独裁者というイメージが強い。学校の授業でも、悪い独裁者の一人として教えられた気がする。実際、ドイツではヒトラー研究やハーケンクロイツにたいして忌避感を抱いているように感じる。触れたら危ない人物、という認識なのだろう。

 どうしてそういう人物が誕生し、そして政権を担ったのか。歴史に学べというのなら、専門書を読んでみようと長年思っていた。タイミングよく『帰ってきたヒトラー』というティムール・ヴェルメシュさんの小説を読んだこともあり、一冊新書を購入した。それが石田勇治さんの『ヒトラーとナチ・ドイツ』だ。

 

 本書はヒトラーの登場からナチ党がどのようにして政権を担い、どういう外交や内政をしたのかを紹介している。そして、ナチを語る上で避けれれないユダヤ人迫害やホロコーストのことも書かれている。

 本書を読んだ感想としては、とてもバランスよく書かれているな、と思った。ユダヤ人迫害やホロコーストでどういうことが行われていたのかが詳しく書かれている本をよく見るが、本書はどうしてそういう蛮行に至ったのか、その経緯がきちんと書かれているからだ。だからこそ、人によっては後半が駆け足すぎるのでは? と思われるかもしれない。ただ私としては、ナチやヒトラーを勉強する上で、入門書としてとても勉強になった。

 

 私が本書を真面目に読んでいる横で、旦那さんは「当たり前のことしか書かれてないな」と言っていた。旦那さんはその手の知識が豊富な人なので、そういう人には物足りない内容なのだろう。私もそのくらい深い知識を得られるよう精進せねば、と固く誓うばかりだ。

 

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)

ヒトラーとナチ・ドイツ (講談社現代新書)