『お金を稼ぐ読書術』午堂登紀雄

 読書が好き。けれど、その読書によってお金を稼ぐ原動力になっているのかと問われると、それには? となる。読書は大切だ、たくさんしろ、と教育を受けてきたけれど、読書をしたから仕事で大成功しています! という人と会ったことはない。

 読書は好きだけど、ただ好きなだけの読書なのかもしれないなぁと思っていたとき、本書を見つけた。

 

『頭のいい人だけが知っている お金を稼ぐ読書術 33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法』という長いタイトルが付けられている本書。どこに一番興味を抱いたかというと、3億円。3億、私も欲しい。それが好きな読書で得られるのなら、なお理想的。そういう気持ちで読み始めた。

 文章は読みやすくわかりやすく、さらりと読み終えることができた。けれどそれは、本書でも注意しろと書いている点。反省して、かいつまんでもう一度読んだ。

 読書したらすぐにお金持ちになれる! という怪しい勧誘本ではない。むしろ、せっかく読んだ本をただ読み終えるのではなく、どのようにしてその本のいいところを自分の血肉にするのか、という本だ。だから、私みたいに3億円の文字に惹かれて読み始めた人は、少し拍子抜けするかもしれない。これは読書をお金に換えるのではなく、読書を自分の成長へと繋げる方法を紹介しているからだ。

 ただ本を一冊読んで終わり、ではなく、それを自分の中でどうやって消化するのか。その手がかりがたくさん書かれている本だと思う。

 

 本書を読んでなんだか嬉しくなったのは、著者の「自宅を「書店化」する」という意見。本屋さん大好きな私は、ついつい文庫本を買いすぎてしまうクセがある。そのクセは悪いクセではないのだと言ってもらえたような気がして、嬉しい。いや、読まなくちゃいけないなとは思っているんだけれども。

 

ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー

ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー