天宮さくらの趣味棚日常

ビジネス系本中心の紹介サイト

『三毒史』椎名林檎

 椎名林檎さんの楽曲との出会いは、中学生だった。ちょっと世間に反抗的な気分のとき、椎名林檎さんの声のかっこよさ、楽曲の強さと影が好き。

 今回5年ぶりのオリジナル・アルバムということで、購入。ええ、表紙の写真はびっくりでした。何が起きたんだ。でも、それがいい。

 

 今回アルバムを購入する決め手だったのは、やっぱり「獣ゆく細道」。紅白歌合戦で見たときから、この曲が収録されているアルバムが発売になったら絶対に買おう、と決めていた。今回家のコンポで聞くことができて、大変満足です。

 それと「目抜き通り」。紅白歌合戦のときは「だ、大丈夫かこれ、マイク音量無茶苦茶に感じるのは私だけだろうか?」とそわそわした。CD音源だと全体が綺麗にまとまって、楽しく聞けました。CDっていいよね!

 今回は全体的に欲まみれなCDだと思った。『三毒史』というタイトルに相応しい収録曲。椎名林檎さんは英語で歌われることが多いけれど、歌詞カードには翻訳が載っていて、それを読めばタイトルに納得。一見可愛らしい曲もドロドロな欲があって、やっぱり椎名林檎さんはすごいなぁとしみじみ。

 

「鶏と蛇と豚」の曲のイメージがガツンとくるからだろうか、仏教色が強い一枚になっていると思う。禁欲と相反する現代的な欲。この欲をびちっと楽曲に反映させているって、すごいよなぁ。

 

三毒史(初回限定生産盤)

三毒史(初回限定生産盤)