天宮さくらの趣味棚日常

ビジネス系本中心の紹介サイト

『経営者の条件 ドラッカー名著集1』P.F.ドラッカー著 上田惇生訳

 ドラッカーの本を読んでいこうと決めたので、まずはドラッカー名著集の第1巻である『経営者の条件』を読んだみた。赤の装丁に金でドラッカーが描かれて、さぞかし難しいことが書いてあるのだろうと警戒していたのだが、予想に反して読みやすくて面白い本だった。

 本書では仕事で成果をあげる人間はどのような人物なのか、どのようにしたら成果をあげられる仕事人になれるのかが、様々な例えや事例を用いて説明されている。タイトルには経営者、と書かれているのでつい経営者以外は対象外の本なのかと思いきや、そんなことはない。仕事人全員にとってそれぞれ意義のある読み物になっている。

 私が本書を読んで一番「そうだよなぁ」と反省したのは、第2章にある「汝の時間を知れ」だ。休みの日なんかはまさに時間の無駄遣いオンパレードな人間なので、今までどれだけの時間をドブに捨ててきたかを想像すると、ぞっとしない。他にも「人の強みを生かす」や「最も重要なことに集中せよ」など、それぞれの章で勉強になることが多々あった。

 また、ドラッカー氏が繰り返しコンピュータには意思決定が出来ない、としている点は、スマホやパソコンを多用する現在、重要な視点だと感じる。AIが発達するにつれ、コンピュータの出す結果を盲信してしまう人が多くなるだろう。自分で意思決定する人の価値が高まるだろうと、本書を執筆した時点で考えていたその先見性に、驚いた。

 

ドラッカー名著集1 経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件